上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.11.08 通院BOYS
おちびが先月から長引いせいた咳をこじらせ、
気管が腫れて呼吸困難になる喉頭炎(クループ)という病気になりました。

今月の連休から40度の熱が3日も続き、ひどい咳で夜も眠れず・・・
病院を変えたらすぐにこの病名がわかりました。

ちょうど一年前の11月にも同じことがありました。

A病院へ通っていてもなかなか治らず、
最終的にB病院へ行くとすぐに病名が判明。

今回もA病院では1ヶ月通うも、ただの風邪と言われました。
あまりにも症状がひどいのでB病院へ行くと
受付で待っている間、おちびのひどい咳を聞いた先生が出てきてくれて
「今の咳、誰!?それ、喉頭炎よ。」と。

B病院の先生、腕はいいのですが、私のママ友たちも口をそろえて
「あの先生キツいし、怖いよね。」という先生で、私も昔キツいことを言われ
家で一人泣いていたこともあり、それ以来敬遠してしまっていたのでした・・・。
ですが、おちびのことを想ったら、もっと早くこちらで診てもらえばと後悔しています。

結局、こちびにも風邪が移り、未だ熱も下がらず咳もひどくなりました。
今日ようやく「峠を越えたね。」と言われたおちびの代わりに
「悪化してるわ・・・」と言われたこちび。

昨日から一日に3回の通院が始まりました。
去年の悪夢がよみがえり、イライラしている私を見かねて
昨日はパパが午後から会社を出てきてくれて、通院に付き添ってくれました。
本当に感謝です。

今日、診察時におちびの症状が良くなってきたことを先生から告げられ、
そして「ママの努力賞だね。」と。
たった一言でしたが、育児って誰かに労いの言葉を言われることなんてないので
本当に疲れが吹っ飛びました。

また明日から通院がんばって、二人には早く良くなってもらわなくちゃデス。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://1211mari.blog91.fc2.com/tb.php/696-48ed880e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。